本物の サービス本物の  技術力本物の 想い
ぬりかえ専門館の外壁塗装は、営業担当・職人・スタッフ一同

後悔ない塗装をご提供できる塗装店として「 品質・サービス 」全てににこだわり続けます。

【八王子市の外壁塗装】重要性

家=財産

外壁塗装は単に見た目を綺麗にするだけの施工ではありません。

我々ぬりかえ専門館は、外壁は雨・風・紫外線などの気候による悪影響を守るだけではなく、ご家庭のプライバシーを守る重要な住宅設備の一つだと考えます。
その様な重要な役割を果たすものだからこそ、ぬりかえ専門館では「技術力・サービス」ともにTOPの品質を目指し、誠実に施工することを誓います。

外壁補修時期と定期的にメンテナンスを行う理由

外壁補修は塗装の種類によって違いますが、一般的に10~15年が目安と言われています。
また、最近の塗料は進化しているため、適切な塗装をすれば、状況によっては20年以上の耐用年数を発揮することもあります。

しかし、雨風、地震、紫外線などの外的要因によって正しい施工を行っても、10~20年以内に劣化が起こる可能性は大いにあるため、
安心して外壁を維持するためにも10年ごとの塗装のメンテナンスを行うのがベストです。

塗装技術力と資格

ぬりかえ専門館では、国家資格一級技能士が多数在籍しております。
そして外壁塗装は施工する職人によって耐久性に大きな差が生まれます。
塗装のことを知り尽くした一流の専門家だからこそ高品質で長持ちする塗装を実現し、お客様の住宅の安全をお守りいたします。
そして塗装にまつわる資格には、様々な国家資格や民間資格などがあります。
安心して塗装を依頼するためには、資格を所有している塗装業者を選んでいただくのも一つの基準となります。
下記記事では、塗装の技術力としても差が生まれる、様々な資格について詳しく説明していきます。

 

施工の流れとそれぞれの工程に用意されたサービス力

基本塗装工事は、【現地調査】【お見積書】【カラーシュミレーション】【施工】【報告完了書提出】の流れになります。

各工程にはそれぞれのサービスが業者によって違いがありますが、本当に高品質と言われるサービスを提供できるのは、
お客様のニーズに応えるサービスを豊富に用意している業者です。
ぬりかえ専門館では、技術面もだけではなく、お客様にとってメリットなるサポートも重要視しております。

S__30752808
53
55
名称未設定のデザイン - 2023-02-01T124034.924
51
52
54
previous arrow
next arrow

外壁塗装をした施工後から数年後に差が出る品質で勝負

優良業者と悪徳業者の違い

施工完了直後は気づかなくても、適切な塗装がされない悪徳業者の施工は、
本来であれは10~15年耐久性を発揮する塗料でも数年で劣化が目立つケースがあります。
まずは、塗料の適切な知識とそれを現実にできる技術力のある優良業者を見つけることが重要です。

八王子市の外壁塗装業者の中でもえりすぐりの職人が施工

優良な塗装屋になればなるほど、腕も良く礼儀を分かっている塗装職人が多いです。
その理由としては、定期的な技術研修と現場管理力が徹底していて、施工実績の経験が豊富であることです。

塗装工事を依頼する場合は、優良な塗装屋かどうかを判断できるように、優良業者の特徴について知っておくことが重要です。

 

低単価=優良業者ではない。見積書の内容が重要

外壁塗装の塗り替えは定期的に行う必要があるため、なるべく費用を抑えたいものです。
しかし、塗装会社には悪徳業者も存在するため安いからといって飛びつくわけにはいきません。
また、平均的な30坪の戸建て住宅の外壁塗装の費用の相場は80~140万円くらいと言われていますが、家の大きさや使う塗料によって価格は大きく変わってきます。
価格が安すぎても悪質な業者の可能性があるので、見積もり内容のみで優良業者かの判断するのは難しいので、そこも注意が必要になってきます。

【戸建て】の適切な塗装の周期は基本10年~15年

戸建てに住まれている方は、何度か外壁塗装を検討されたことがあると思います。
もしくは何度か塗装をされたことがあると思います。

塗装を行う周期は基本10年~15年問合われていますが、年々新しい性能の高い塗料が出てきているため、一概に10~15年とは判断できません。
戸建ての塗装がなぜ必要なのか?
そして、2023年の今どのような性能の塗料が主流となっていて、どのような塗装が必要なのかをご紹介します。

外壁塗装前に高圧洗浄が必須

外壁工事では、塗装前に高圧洗浄機を使用して外壁に付着した汚れや痛んだ塗膜等を洗い流します。
外壁塗装前に高圧洗浄を行わないと「塗料が上手く付着しない」「塗装直後は綺麗でも、直ぐに劣化が起こる
などのデメリットが発生します。
下記記事では、高圧の洗浄の重要性について深堀、適切な高圧洗浄の手順や費用などについても解説いたします。

 

塗装の乾燥時間は耐久性を高める塗装方法の一つ

耐久性を最大限高めるためには、技術力だけではなく適切な塗装回数と乾燥時間が重要です。
代表的な悪徳業者は施工効率を高めるため、お客様には確認しずらい不適切な塗装手順で対応することが多いです。どんなに性能の高く、高価な塗料を使用しても乾燥時間が不適切であれば
その効果は発揮できません。塗料の乾燥時間など、正しい塗装の知識を知っておくことも重要です。

 

外壁塗装は正しい施工手順を踏まないと数年後の劣化が目立つ

ペンキや塗料を塗る回数は1回ではありません。
外壁塗装ペンキや塗料を塗る回数は、下塗り(1回)➡中塗り(1回)➡上塗り(1回)計3回塗りが基本です。
中塗りと上塗りは同じ塗料を使うことが多いが、それぞれ役割は違い、一つ一つの施工には意味があります。

下塗り塗装・中塗り塗装・上塗り塗装の役割

中塗り美しい仕上がりにするための重要工程です。
役割としては、「膜厚を確保」「密着性を確保」があり、ムラがなく均一に塗装するのが必要です。

大きく分けて外壁の塗料は6種類

高品質であり、美観にもこだわる色選び

新築の感動を再び。
外壁塗装は費用も安くはないし、できあがりがイメージと違うと思っても、そう簡単に何度も色を変えることはできません。
外壁塗装は簡単ではないので、“その家に合った色” “塗料の種類” “艶”など、色以外にも考えなければならない要素がたくさんあります。

色の組み合わせからおしゃれな外壁塗装を行う

お家の塗装をするなら、おしゃれな外壁にリフォームしたいですよね。
おしゃれな色にしたいと思っても、どんな色にすればいいか、どんなデザインにすればいいか考えるのは難しいものです。
おしゃれな色の組み合わせやパターンを知って自慢のお家にしていきましょう。

 

多彩仕上げ塗装とは?意匠性抜群の多彩塗料の特徴を徹底解説

多彩仕上げ塗装は、家の外壁がサイディング材である時に、一色での塗料で塗装するのではなく、多彩模様塗料と言った塗料を用いて塗装を行う工法のことです。一色での塗装ではなく、2〜3色を用いて柄を作り上げるため、高い意匠性と重厚感のある仕上がになることから、上品な仕上がりを演出することができます。

家の壁の色や柄のデザインが気に入っている方へ!【クリヤー塗料】

クリヤー塗装とは、
・顔料を含まない無色透明な塗料
・コーティング(保護)としての機能に特化している
という事で、外壁塗装の見積書では「クリヤー塗料」「クリアー塗料」と記載されています。

そして、クリヤー塗装は無色透明のため、塗装をしても既存のデザインを残せます。外観の印象をそのまま残して塗り替えを出来るのは、クリヤー塗装の最大のメリットです。

 

近隣との調和なども考慮し、見本を参考に色を選び

乾燥後(施工完了後)の外壁は、色見本だけでは100%イメージすることは難しく、施工完了後に「想像の色と違った。。」などなるケースも少なくありません。
仕上がり後に納得出来る塗装にするために、「塗り板」や「色見本」、そして「施工事例現場へ足を運ぶ」などして確認するのがおすすめです。
現地に行くと全体の雰囲気などを確認することで施工後の相違を無くすことができます。また、営業担当とのカラーの打合せをしっかりと行うことが大切です。

八王子市の外壁塗装専門店のショールームに行って、カラーシュミレーションをしよう!

外壁塗装・塗装のショールームに行ったことのない方は、
「行ったらどのようなメリットがあるのか?」と言った、疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

今回は実際に、塗装専門店のショールームに行くと、
どのような情報を得られるのか?” “どのようなメリットがあるのか?” についてご紹介いたします。

八王子市で外壁塗装するなら知っておきたい基本知識

塗装の基本を知ることで安全性の高い住まいへ
外壁塗装には様々な施工方法・塗料があります。
本来の塗料の耐久性を発揮するにはそのどちらも適切な知識と技術力を持ち合わせている必要があります。
また、施工技術の以前に、適切な塗装を行うための事前調査・準備があります。
ぬりかえ専門館では、常に最新で最適な塗装技術を追求し、より高い品質を提供できるように努めています。

ペンキと塗料は違う?それぞれの機能・性能を解説

外壁塗装で使われる塗料をペンキと想像する人も多いですが、塗料とペンキは細かく言うと成分・役割などは別物です。

しかし実際に成分や役割を理解し、言葉を使い分けている人はいません。実際に塗装業者の職人のやり取りでもそこまで使い分けている人はいません。

なので、普段の会話で使い分ける必要はありませんが、冒頭で述べた通り、細かく見ると違いがありますので、
下記の記事では外壁塗装塗料とペンキの違いを解説していきます。

シーリングとコーキングの違いとは?【役割や種類、特徴まで徹底解説】

外壁の塗装を行うの中で、耐久性を長く維持させるために「シーリング」「コーキング」と言われる作業はとても重要な工程になります。

サイディングボードの外壁材の繋ぎ目の緩衝材として、外壁のひび割れを防ぐ役割を持っています。
実際にこの2つのワードは塗装を検討される際によく聞く専門用語です。

 

「シーラー」とは?「フィラー・プライマー」との違いと役割について

シーラーとフィーラー・プライマーは専門用語ではありますが、外壁塗装を検討するた方は必ず一度は耳にする施工工程の一つです。
簡単にまとめると
☑シーラー塗装とは、下塗りといわれる外壁に直接塗装する最初の工程。
☑シーラー塗装は、上塗り塗装との密着性を高め、塗装面を補強する
☑シーラー塗装の方法には、「ローラー工法」と「吹き付け工法」があり、どちらの方法が適切かは業者の判断による
☑シーラー塗料は様々な種類があるが、上塗り塗料によってシーラー塗料が決まるので、どの種類を使ってもいいわけではない

と言う違いがあります。
詳しく知っておくことで、塗装業者の担当者とスムーズに話を進められます。

 

外壁の吹き付け塗装とは?塗装方法と役割

吹き付け塗装は、エアスプレー等の吹き付け機械を使って霧状にした塗料を吹き付けて塗装します。
また、作業スピードがローラー等で塗装するよりも数倍早い為、大規模な塗装工事の際によく使われます

大規模な塗装工事で使用されるため、基本的には戸建ての塗装で採用されることは少ないですが、
塗装業界では今でも根強く人気のある塗装方法です。

 

外壁の種類を知る

サイディングの外壁も塗装によるメンテナンスが欠かせません。
デザイン性が高く、値段も比較的リーズナブルなことから多くの戸建て住宅の外壁に採用されているサイディング。サイディングの外壁は長持ちすると考えている家主様は多いようなのですが、実は塗装をしないと外的な影響を受けてどんどん劣化が進んでしまいます。
サイディングの外壁において塗装がどれほど重要なのか解説します。

 

モルタル外壁とは砂と水とセメントを混ぜて形成された外壁材のことです。
近年では、サイディング材を使用した外壁が普及していますが、それ以前の日本の木造住宅はモルタル外壁が多く活用されていました。
最大の特徴は、型を形状したり、タイルを貼り付けるといった外壁そもそものデザインを作り上げるのができるのはモルタルにしかできない特徴です。

 

 ALC外壁とはAutoclaved Lightweight aerated Concreteの頭文字をとって名付けられた建材です。
高温高圧の蒸気養生した軽量気泡コンクリートのことです。
 とても良質な建材で、メリットが多い外壁ですが防水性耐候性が弱いというデメリットもまります。塗料によってカバーできる内容なので、その詳細を解説いたします。

外壁塗装時の臭いの対策方法

外壁塗装を行うにあたって、臭いが発生することに不安を抱く方も多い事でしょう!
人体に影響はないのか?近隣の迷惑にならないのか?

外壁塗装における匂いの対策や影響についてご説明いたします

外壁塗装中に台風が来たら?台風シーズン前にできる事は?

外壁塗装工事の最中に台風が来てしまった場合、工事は中止となります。
その為工事が予定通りに行えず、工事期間が延びてしまうこともあります。
台風は予測できるので、予定を調整すれば問題ありません。

外壁が劣化していると、台風が通過した際に損傷が大きくなってしまう事もありますので、台風時期前に外壁の補修も考える必要があります。

外壁塗装は、劣化箇所を早期段階で発見できれば、その後大きな手間なく対応が可能となります。
施工の時期、ご予算、様々なお悩みを解決するためにも、少しでも外壁塗装をご検討していらっしゃる方は是非一度お気軽にご相談ください。
外壁塗装の記事一覧
外壁塗装のクリヤー塗料を解説! 特徴と費用感を実例で紹介
外壁塗装前に高圧洗浄が必須な理由を塗装専門家が解説!
外壁の吹き付け塗装とは?塗装方法と役割を解説
多彩仕上げ塗装とは?意匠性抜群の多彩塗料の特徴を徹底解説
モルタル外壁とは?特徴と必要な定期メンテナンスの重要性
外壁塗装時の臭いの対策方法
「色見本」「塗り板」を参考にすれば理想の外壁にグッと近づく!
【戸建て塗装】いつ、どんな時に必要になるのか?
ALC外壁ってなに?メリット・デメリットは?
外壁塗装中に台風が来たら?台風シーズン前にできる事は?