本物の サービス本物の  技術力本物の 想い
ぬりかえ専門館の屋根塗装は、お客様にとって見えずらいからこそ、

より適切な診断塗装報告を徹底し、塗料の耐久性を最大限生かす塗装を行います。

屋根塗装はまずは適正診断から

ドローンによる安心で正確な診断
普段見えないからこそ、屋根の劣化状況は不安を感じます。
悪徳業者はそんな不安につけこみ、診断時に屋根に登り壊して無理やり修繕するケースも多々あります。
ドローン調査では、屋根に登らず、モニターで確認できるためお客様と一緒に屋根の劣化状況を調査することができます。

屋根は細部まで適切に塗装することが重要

住宅を守る重要な役割を果たす屋根は全体を塗装するだけでは高い耐久性を維持することはできません
細かくは「板金&雪止めの錆止め・ひび割れ・タスペーサーの取り付け」など施工は様々です。
細部に渡って適切に塗装をするためにも事前調査ではより慎重に点検をしましょう。

台風シーズン前に対策すべき屋根対策

「雨、雪、風、紫外線」季節によって様々な気候がある日本ですが、特に屋根が劣化する一番のシーズンは台風の時期です。
台風が及ぼす屋根への影響として考えられるのは雨漏り被害です。雨漏りによる屋根の劣化も早期発見できれば大掛かりの修繕などは必要無くなったりしますので、台風シーズンに向けて少しでも不安がある方は一度屋根診断を行ってみるのは良いでしょう。

 

外壁と違って屋根の作りは複雑、だから施工方法も豊富

屋根の特徴に合わせた正しい施工工程

屋根は戸建てによって平行だったり、角度があったりと種類が様々です。なので、施工方法や活用塗料はその家の特徴に合わせて選定することが必要です。
プロの知識から屋根の特性に合わせ塗料を決めるのは重要なことですが、優良業者はどんな塗料でどんな施工現場となったとしても、最高な仕上がりにするための変わることのない基本形となる施工の流れがあります。

屋根の塗料と種類と機能の基本知識

屋根は一番紫外線が当たりやすく、劣化しやすい場所になります。
屋根塗装は、機能面、価格、様々な種類の塗料があります。
自分にあった予算、機能性を理解し、後悔のない塗装選びをしましょう。

防水工法

雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。
特に屋根は直に雨の影響を受けるため、防水加工は重要です。

 

遮熱塗料

遮熱塗料とは、簡単に説明致すると、太陽の熱や外気温から建物の劣化を守り、尚且つ部屋に入ってくる熱を抑える効果があります。世界では地球温暖化が進み、日本の夏は特に近年気温が増々上ってきており遮熱材を塗装することによって室温を下げる効果がある為、今注目を浴びている塗料と言えます。

 

屋根塗装のタイミングと適正価格

見えない屋根の正しい施工時期

屋根塗装の耐久年数は塗料の種類によって変わりますが、約8年〜15年です。
新築の塗装は、建ててから10年程が塗り替えの目安となります。
塗料・屋根材によっても補修のタイミングは変わるので、適切なタイミングで施工を行えるように知識をつけておきましょう。

屋根塗装の平均相場は40~50万円。しかし、4つの要素で金額は大きく変わる

屋根塗装を依頼するとなった際、多くの人が悩むのが金額です。

相場を知っていないと、「悪徳業者に騙されているんではないか?」と不安になります。
基本的な相場を知っておくといい点もありますが、屋根は様々な形が多く、劣化状況によって見積もりは大きく変わります。
基本知識を身につけつつ、信頼できる業者を探しましょう

屋根の補修工事を行うにあたって、業者の選び方

優良業者と言われる会社のサービス・対応力は何かが違うのか?
知っておくだけで業者選びで迷うことは少なくなりあます。
また、判断が難しい場合でも相見積もりを取ることで、様々な業者の担当とヒアリングすることができるので
1社の見積もりで決めず、時間が許す限り様々な業者に問い合わせを施工を依頼する業者を選定しましょう

 

屋根塗装は、劣化箇所を早期段階で発見できれば、その後大きな手間なく対応が可能となります。
施工の時期、ご予算、様々なお悩みを解決するためにも、少しでも屋根塗装をご検討していらっしゃる方は是非一度お気軽にご相談ください。

 

屋根塗装の記事一覧
NEW!
屋根塗装の工程を1から解説。仕上がりに差が出るポイント紹介
屋根塗料の種類と機能性
屋根塗装の耐用年数は?メンテナンスのポイント!
屋根の補修工事を行うにあたって、業者の選び方と相場感を徹底解説
屋根塗装の平均相場の決め方!内訳と計算方法を分かりやすく解説